太陽を逃がさないプレミアム・トラッキングとは

  • 実績世界No.1 ソーラートラッキング(太陽光自動追尾)
  • 専用シュミレーションソフトによる最適レイアウト
  • 用途に適した太陽光パネルの組合せ
  • 24時間常時稼動モニタリング
発電量を1.3倍※にするテクノロジー

※従来の固定式との比較

実績世界No.1 ソーラートラッキング

プレミアム・エナジー社は、世界納入実績600MWを誇るNo.1ソーラートラッキングメーカー「PARU社」と提携することで、信頼ある商品を提供いたします。

1基におけるパネル搭載枚数は、最大56枚17KWの大容量化を実現しました。

太陽光を常に追尾する2軸式太陽光追尾機構により、従来の固定式との比較で最大1.3倍の発電量を実現します。

2軸式太陽光追尾機構とは、パネル上部に取付られた光センサーで太陽光の位置をとらえ、「パネル回転」と「パネル角度調整」の2軸式機構により、太陽に対してパネルが常に正面を向くよう制御するシステムです。常に太陽光が垂直にパネルに当たるため、固定式パネルシステムと比較し、発電量が最大1.3倍増加します※。 ※自社調べ

2軸式太陽光追尾機構システムの解説動画

発電量の比較(同じ条件下での発電量比較シミュレーション)

  • 条件1/太陽光モジュール:Trina Solar 300Wx48枚(14.4 KW)
  • 条件2/パワコン:オムロン 5.5KWx2台(11KW)
  • 条件3/日照量:群馬県高崎市の過去10年の日照量及び気温

台風、降雪時などの悪天候には、安全な退避姿勢に自動切換えする装置を標準装備しています。

風速10m以上の場合、パネルが地面と水平となる姿勢をとります。

降雪の場合、パネルが40度まで傾き雪が滑落する姿勢をとります。

専用シミュレーションソフトによる最適レイアウト
および高精度発電量予測

トラッキングの複数台設置には、トラッキング同士の(影の)相互干渉による影響を十分に考慮する必要があります。プレミアム・エナジー社ではソーラートラッキング専用シミュレーションを用いて、最適なレイアウトを計算します。
また、発電量計算においても、発電所建設場所の太陽光軌跡、気象衛星によるピンポイント日射量(過去10年間)データを用いて精度の高い発電量予測を行います。

前後の影干渉を避け発電量を最大化するレイアウトを計算

前後の影干渉を避け発電量を最大化するレイアウトを計算

周囲の構造物、木々等による日陰影響を計算

周囲の構造物、木々等による日陰影響を計算(右図)

発電所建設場所の太陽光軌跡・日照量の取得

年間発電量予測

年間発電量予測

用途に適した太陽光パネルの組合せ

スタンダード型、高出力型、営農型の3種類から選択が可能です。

タイプ 型式 出力
パネル 1枚 パネル枚数 トラッキング1台
スタンダード型 PE TRACKING
ST15K
315W 大型パネル(1.96m×1m) 48 15,120W
高出力型 PE TRACKING
HP20K
310W 通常パネル(1.65m×1m) 56 17,360W
営農型 PE TRACKING AG17K 270W 通常パネル(1.65m×1m) 56 15,120W

24時間常時稼動モニタリング
および速やかな故障対応

プレミアム・エナジー社の監視センターにて、24時間の稼働状況モニタリングを実施しています。システム不具合を迅速に確認します。

稼働中のソーラートラッキングは、監視センターにて常時稼働モニタリングを実施。システム不具合時には故障メールにてオーナー様にお知らせします。

自社にて重要保安部品を常時ストック。万が一メイン駆動部の故障が発生した場合でも、速やかな修理対応を実施します。